プロフィール

自分の写真
Japan
宇宙で生きる😎🌏🌠 感じたこと,考えたこと,学んだことを ぽつぽつと。 語学,旅,脳,久保みねヒャダ,エレメンタリー ホームズ&ワトソン,戦国,信長,ヴィクトル,ユーリ!!! on ICE,読む,線画が好き。 認知・思考の仕組みが気になる。 新聞記者,英語講師経験あり。 1986生まれ。

2014/09/25

振り付けを覚えよう企画

ここのところ約3週間ほど、ももいろクローバーZの振り付け10曲マスター企画を個人的に行っていた。1曲につき9割程度完成したら次の曲に進む、ということにして、10曲(行くぜっ!怪盗少女 走れ! みてみて☆こっちっち サラバ、愛しき悲しみたちよ コノウタ 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 Chai Maxx ももいろパンチ 全力少女 ココ☆ナツ)を覚えた。その振り返りをちょこっと書いておこうと思う。

そもそも私はダンスが苦手だ。小さい頃から運動は苦手、昔行ったクラブでは音楽に合わせて踊れない、テレビで踊っているアイドルを見ながら踊ろうにも手と足が思うように動かない、などの経験から、ダンスへの苦手意識がある。諸事情あってこの企画をすることになり、最初は嫌な気持ちでいっぱいだったが、ダイエットにもなるだろう、とポジティブに捉えて始めてみた。

まずは曲の選定である。ダンスへの苦手意識が強い私にとって、曲の選定は極めて重要である。ももクロの曲は数曲知っているが、振り付けをちゃんと見たことは一度もない。とりあえず、①振り付けが見やすい映像がある、②難しくなさそう、③曲の長さが短い、にあてはまる曲を探そうと、YouTubeでいろんな曲を見て10曲を選んだ。

続いて、どうやって振り付けを覚えるか。振り付けが分かりやすい映像を再生して、一緒に踊りながら覚えていく。YouTube上には、一般の人が振り付けを覚えて踊っている映像が多くupされており、ももクロ本人の映像を見るより、こちらのほうが数倍分かりやすい。定点から撮った、全身が映っている映像がほとんどだからだ。
効率よく覚えられる方法を探した結果、①映像を数回見て歌と振り付けのイメージをつかむ、②数回映像に合わせて踊ってみる(最初から最後まで)、③映像を0.5倍速にして映像に合わせて踊る(最初から最後まで)、④1番、2番、などに区切って何回か練習し振り付けを覚える。(分かりにくいところを何度も再生しながら踊る)、⑤映像を1倍速に戻して踊る、⑥体の動きが音楽に合うようになるまで繰り返し踊る、⑦翌日復習する、というのがよかったと思う。

振り付けを練習していて感じたのは、スロー映像で繰り返し振り付けを観察していると、1倍速で見ているときには速くてどう動いているのか分からなかった動きも、単純な動きの繰り返しや組み合わせでできている、ということだ。さらにサビ、メロなど曲の部分によっては重複する動きがある。これを理解し、いくつかの単純な動きがマスターできると、ダンスが楽しくなってきた。また、ダンスの振り付けにはムダな動きがない。例えば体を回転するときには、回転する直前の足の向きや位置に合わせて無理のない方向に回転となる。どちらも、考えてみれば当たり前すぎるほどに当たり前。でも、やってみて初めて気づいたし、ダンスへのハードルが少し下がった。
とはいえ、やっぱりアイドルはすごい。キレのある動きを音楽に合わせて、しかも歌いながら完璧に踊るのは相当練習が必要だと思う。

ダンスは、今までダイエット目的でやったことのあるジョギングや水泳、ピラティスよりも消費カロリーが大きい気がする。ももクロの振り付けだから、という理由もあると思うが…。

最後に、練習した中でいちばん短い、踊りやすい曲をポスト。


追記:AKB48の恋するフォーチュンクッキーもクリア!

0 件のコメント:

コメントを投稿