プロフィール

自分の写真
Japan
世界は広い😎🌍🌌🚀 英語講師。語学,旅,脳,久保みねヒャダ,エレメンタリー ホームズ&ワトソン,クラシック,戦国,織田信長,ヴィクトル,ユーリ!!! on ICE,読む,線画,米原万里が好き。元心理学徒。認知,思考,言葉に興味あり。元新聞記者。ドイツ語習得中。1986生まれ。

2018/02/07

読書記 三浦しをん「舟を編む」

久しぶりに小説を読んだ。三浦しをんの「舟を編む」。暖かく優しい気持ちが漂う読後感。そして,だんだん自分が使っている言葉が気になり始める…そんなお話だった。

「舟を編む」は,ある出版社の辞書編集部の面々が,『大渡海』という1冊の辞書を作り上げていく過程を描いたお話だ。企画から完成までに15年。たくさんの人が執筆,校閲,製本,販売戦略に携わって『大渡海』が完成する。辞書がどのように作られるかなんて考えたこともなかった私には,辞書づくりのプロセスを知ること自体とても新鮮だった。そして,辞書づくりに真心を込める登場人物たち。彼らが本当に愛おしい。

登場人物たちの会話には穏やかな時間が流れていて,でもときに滑稽で,笑いを誘う。主人公は,言葉に敏感で辞書作りに抜群のセンスを発揮するも,人間関係は不器用で失笑を買うことも多い男性。言葉を聞いて,言葉を見て,その言葉の語義や似た意味の言葉とどうニュアンスが違うのかを思い巡らしては,自分の世界に入っていってしまうような人だ。彼が後に結婚する女性に宛てたラブレターは,実際もらったらとまどうだろう…,というくらいにおかしい。でもお話を読んでいると,彼が,不器用でも一生懸命なことや,誠実なことが伝わってくるから,私も彼が好きになった。そんな彼を,いつでもどこでも用例採集を欠かさない先生や,辞書編集部を退職した主人公の元上司,対外交渉には頼もしいちょっとチャラい同僚,挫折しそうになりながらも辞書づくりにはまっていく新人さん,ちょっと辛口だけど思いやりある女性などが支えながら辞書づくりは進んでいく。

チャラい同僚や新人さんが,主人公と関わり辞書づくりに関わっていく中で変化していく様もステキだった。何かに一生懸命なこと,何かをとても愛していることをどこかで憧れつつもごまかしていた同僚は,そんな自分に終止符を打っていく。花形のファッション編集部から辞書編集部に異動させられ,これまでとは全く異なる同僚,仕事内容,環境にとまどって新人さんは,辞書づくりを,言葉を大切にするようになっていく。

「舟を編む」の登場人物たちは,辞書を利用する人たちのことをとてもよく考えているのも印象的だった。掲載語の選定,語釈はもちろんのこと,辞書に使う紙の選定や装丁まで,『大渡海』を使う人がそれを読んだらどう感じるか,『大渡海』を使いやすくするにはどうしたらいいかなど利用者の身になって考え,改善していくことを決して疎かにしない。最近めっきり紙の辞書を使わず,電子辞書ばかりの私だが,辞書に使う紙の選定や装丁の場面を読んでいるときには,利用者への配慮や『大渡海』のアイデンティティのようなものを感じられ,小中学生の頃使っていた紙の辞書のことを思い出した。

また,「舟を編む」には聞いたことのない言葉(私が知らないだけかもしれないが…)やいくつかの言葉の辞書の語釈も出てくる。聞いたことのない言葉は,都度都度辞書を引きながら読み進め,語釈については,へーそういうふうに定義するのか,そういう意味もあったのか,と興味をひかれながら読んだ。

人に何かを伝えるとき,何かを考えるとき,言葉を正確に使うことはとても大切だ。言葉が違えば,どんなに意味が似たものであってもそこには差異がある。言葉のもつそのニュアンスを汲み取るには,辞書の助けを借りつつ,自分で咀嚼し,実際にその言葉を使いながら身体に染み込ませていくことなのかなと思う。簡単なようで難しい「言葉」。言葉を大切にしよう!と思い始めている。

少し前にアニメが放映されていたようなので,今度見てみよう!
http://www.funewoamu.com/